<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0013046_12432139.gif

林檎を1袋買ったら どうしてジャムが作りたくなったので 
りんごのジャム作りました 仕上げに蜂蜜も入れてみました

りんごと蜂蜜の香りが残って 意外と美味しいです

ジャムは 手作りが美味しいね♪






にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by bo-furan | 2010-09-30 12:53 | お料理
e0013046_112185.gif

今年も中秋の名月は 雲で霞んでしまいました
東海地方では 過去10年で晴れて綺麗にお月様が出たのは 1回だけだそうです
この写真も 前日のうちに撮りました
だから 正確には名月では無いかも~~~^^;)

中国から伝わった十五夜の月を鑑賞する習慣 Wikipediaによると 韓国にも同じ習慣があるんですね



団子が美味しい・・・
月餅が美味しい・・・
松餅が美味しい・・・

それが幸せ♪  





同じ月を愛でていても 思いは一つ・・・・とは ならないものですね





韓国の松餅 食べてみたいなぁ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
by bo-furan | 2010-09-24 11:26 | その他
e0013046_19581973.jpg

とても面白いデザインの建物が並んでいました
この通りだけだったけど こだわったデザインの外観
お部屋ものぞいてみたかったな~



e0013046_2011343.jpg

お肉屋さんの店先で並んで買っているのはコレ↓
e0013046_208382.jpg

お肉屋さんが作った?ソーセージを 鉄板で焼いてパンに挟んで食べる
ホットドックじゃない 
お店によって違いはあるけど 歯ごたえのある美味しいパンに 美味しそうに焼けたソーセージを挟んで
ケチャップか マスタードをかけて食べるんです

こんなにお手軽で美味しいファーストフードがあったら マックは要らない~~って思うけど
マックもバーガーキングも それなりに繁盛してました

カリーヴルストと言う ソーセージにカレー味のソースをかける食べ物もありました
オットが食べたら「もう気が済んだから 食べなくていいや・・・」との感想
薄いカレーソースが かかったソーセージ だったけど
これもお店によって違うのだと思われます 




e0013046_20162166.jpg

今回のドレスデンとフランクフルト
想像以上に楽しかったです
ドレスデンへは もう一度行きたいです
冬は寒いだろうけど 雪景色も見たいなぁ~~~







にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
e0013046_1246024.jpg

フランクフルトへは観光目的ではなく お買い物目的だったので
観光する意欲が無く 「まぁ行っとくかぁ~」くらいの観光^^;)

それでも 教会に入ると気が引き締まる
e0013046_12481965.jpg

私は無宗教ですが 教会へ行くといつも不思議に思う事
それが この十字架に掛けられた姿・・・
こんなに苦しい姿のままでシンボル化しちゃうんだ・・・なぜ?・・・って思ってしまう
絶対に理由はあるのでしょうが どのキリストも 常に辛そうで いつも不思議に思います
彼だって笑ったりした事あるよね きっと

まぁ いいか
e0013046_12533786.jpg

ピエタって言うんだっけ・・・?
バチカンでも見たなぁ ミケランジェロのピエタ
イタリア語:Pietà、哀れみ・慈悲などの意味だそうですが 本当によく表現された像だと思う

ピエタの前に立つと 思わず「ごめんなさい」と言いそうになるのです
自分の色んな悪い事 謝っとけ!みたいな 気持ちになる^^;)

京都の三十三間堂に行った時と 似た感じ
とりあえず 謝っちゃえ! そんな感じ
どんな悪い事してんだか 私(笑)



e0013046_1324762.jpg

ビール好きなドイツらしい乗り物
ビールを飲みながら みんなでペダルを踏んで進む乗り物のようです
楽しそうだったよ 多分 観光客だからフランクフルト以外の人だと思うけど
そう言えば 陽気なドイツ人 あまり見ない旅だったなぁ~



e0013046_1362918.jpg

このジェラート すんごく美味しかったです
Dulce Chocolate & Ice Cream
とっても滑らかな舌触りと優しい甘さ 種類は少なめだけど これは美味しい!!!
いつか「日本上陸!」とか言う日が来るといいなぁ~
もう一度食べたいよ





にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
e0013046_16242336.jpg

ドレスデンへは フランクフルト経由で行ったので 帰りにちょっとフランクフルトにも寄ってみました
ドレスデン空港でみたSachsen Bankのロゴマーク
似てるでしょSoftBankと 


e0013046_16313141.jpg

フランクフルトでのホテルは Hilton 
e0013046_16325588.jpg


e0013046_16361078.jpg

綺麗にお掃除されたお部屋でした ちょっと壁が薄い感じがしたけど
特に問題は無く 快適に滞在させてもらいました
e0013046_16384583.jpg


e0013046_16391683.jpg


e0013046_16394447.jpg

Hiltonでのドイツ料理は 万人向けにアレンジされてて
美味しかったです 
フランクフルトソーセージが まさかカットされて串刺しで出てくるとは思わなかった
付け合せのポテトとかサラダは 本当に美味しかったよ

ドイツ料理はもういいや~ と言いながら 結局食べてる
せっかくドイツにいるんだし・・・という気持ちが どうしてもドイツ料理に手を出させるんだね

だったら文句は言っちゃいけないよね~










にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
e0013046_12345114.jpg

朝食の前にお散歩してみることにしました
ホテルのすぐ近くにある ツヴィンガー宮殿の中庭は 朝から入れました
まだお掃除中 人が少なくてゆっくりできる♪ と思ったけど
寒くて動いてないと風邪引きそうだった^^;)
e0013046_1241085.jpg

この宮殿にある Gemäldegalerie Alte Meisterには ラファエロとかフェルメールとかレンブラントといった
芸術に疎い私でも知っている有名な画家の作品があったり
陶磁器コレクションには マイセンだけじゃなくて 日本の柿右衛門だとかこちらも有名な作品がたくさんあって 
「欲しい! これ欲しい!!」と指をくわえて観てしまうようなお宝が 飾られていましたよ
目の保養・・・まさにそう言う感じ

e0013046_1258555.jpg

エルベ川に架かる アウグストゥス橋を渡って 旧市街をみると
またこれも美しい♪
でも風が強くて 寒かった~~

朝食の前にお散歩すると 空腹ですからね 
誘惑には勝てないのであります どうしても どうしてもドイツに来たからには食べたかった
e0013046_1322789.jpg

ドイツのパンは本当に美味しくて 特に私はプレッツェルが大好きです
ドレスデンでもやっぱり美味しかった
当然 ホテルに戻ってから朝食もしっかり頂きました
朝の散歩は 身体に良くないね(笑)

朝食を終えて 出かけたのが 
Molkerei Gebrüder Pfund こちらのお店 世界一美しいチーズ屋さん としてギネスに認定されたらしいです
観光バスが停まるので 店内は観光客で混雑しています
e0013046_134686.jpg

お店のHPでも分かるように 本当に美しい店内です
店内を見てまわる観光客は たくさんいるけど 実際にチーズを買ってる人は少なく
お土産になるような 石鹸とかチョコレートは売れてた
カフェも併設されてるけど 店内の美しさと 人の多さに驚いて お土産を買ったらさっさと出てきちゃった
観光客としては 店内を見せてもらえて嬉しいけど 
地元の人は あれじゃ買いにいけないよなぁ と思いました

ホテルの近くへ戻ってCafé Kreutzkamm am Altmarkt で
e0013046_13222070.jpg

バームクーヘンとザッハートルテを食べる
e0013046_13345793.jpg

ミュンヘンにもこのお店があって 以前に食べたことがあったのですが
味比べ と言うことで オットがドレスデンでも食べてみたわけです
やはり日本人ですから 日本のバームクーヘンの方が 好みに近いようです

ザッハートルテは 美味しい!と思う
ヨーロッパでよく遭遇する あの身悶えする様な甘さは無くて
本当に美味しく頂きました
コーヒーも美味しい





にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
e0013046_1444021.jpg

ドレスデンの旧市街は どこもかしこもシャッターチャンス!
「うをぉw~~絶景ヤン♪」と思って シャッターを押したら オットの後姿が入ってた・・・
旅行中 急に雨が降ったりやんだりの繰り返しで 
この怪しげな空が私のドレスデンのイメージになってしまいました


ドイツ料理をもう一度
で こちらはシェフのおススメ トマトのスープ
美味しかったです
e0013046_14492720.jpg


こちらはジャガイモのスープだったかな 美味しかったです
e0013046_1451320.jpg


ドイツに来たからと言って ドイツ料理を食べなくてもいいんだけど
せっかくだし・・・と頑張ってみた豚肉料理は 厚焼きハムステーキな味
e0013046_14533170.jpg


カツです
e0013046_14574727.jpg


こちらのお店です
e0013046_1531254.jpg



どれもミュンヘンで食べた時のような 塩しか使ってません!みたいな味ではなく
美味しかった
全部食べられたです ドレスデンっていい所だ♪


夜景も美しいの!
e0013046_1573696.jpg


e0013046_1584100.jpg


e0013046_1584298.jpg


治安も良さそうで 夜 ぶらぶらしても安心でした
ちょっと寒かったけどね









にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
e0013046_10285335.jpg

ホテルの近くから トラム(路面電車)に乗って 写真のHauptbahnhof(ドレスデン中央駅)に行って
e0013046_10344239.jpg

電車に乗ってRadebeul Ost へ
そこからSLに乗るんだけど 時間があったので駅周辺で 休憩
e0013046_103911.jpg

小さな町なんだけど コーヒーが美味しい♪
e0013046_10405119.jpg

SLなんて初めて乗るぞ!
カッコイイ~
e0013046_10435894.jpg

客車はこんな感じ 1両だけ屋根が無いオープンカーのような車両があり
世界の鉄ちゃんで賑わっておりました
e0013046_10463567.jpg

煙が臭いかな・・と思ったけど 慣れちゃうとぜ~~~~んぜん問題なし
むしろ煙がないと寂しささえ感じた

のどかな車窓を眺めながらの旅です
e0013046_10481445.jpg


e0013046_10491157.jpg


e0013046_10493378.jpg


自分の中にある 色々な汚いものが 流されていく気がした
気持ち良かった~~~
SL万歳!

途中のMoritzburg駅で殆どの乗客が降ります

ヨーロッパの電車は 自転車が積めるから みんなどこへ行くにも自転車と一緒で 移動もラクラク
私たちは仕方ないから 目的地の モーリッツブルク城まで歩く・・・・

e0013046_1121228.jpg

お城から 今来た道を撮ってみた
このまっすぐの道 途中 日陰も無く 道案内も無く
正面に見えるお城が目的地でありますように・・・と祈るような気持ちで歩き続けましたよ

SLで一緒だった殆どの人は 自転車

バスもあるけど 頑張って歩いた! 多分 30分くらい

このお城の中も 撮影禁止 狩猟の館として建てたと言う事で 立派な角を持った鹿の頭が壁一面に飾ってあった
「こんなに立派な角さえ持ってなかったら 殺されなかったのにね・・」と思った
しかし・・・頭ばかり飾って楽しいのか?

これも狩猟民族と農耕民族の違いなのかなぁ
e0013046_1111472.jpg

お城の後姿
e0013046_1112652.jpg

観光客馴れした鳥さんたち
人の姿を見つけると 寄ってくる 餌が無いとわかるとすぅ~~っと去っていく 
e0013046_11132588.jpg

お城の屋根が こっちを見てるよ!!!!!









にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
e0013046_1114723.jpg

ドレスデンの旧市街は とても美しくて 映画のセットの中にいるような気分でした
e0013046_1125768.jpg

ぶらぶらと 歩いているだけで 本当に楽しい♪
e0013046_1141091.jpg

旧東ドイツの信号 アルペンマン君と言うらしい ドレスデンではよく見かけました
カワイイ
e0013046_1111371.jpg

Albertinum(現代美術館)にも行って 絵とか彫刻とか色々と見たけど
初めに見たドレスデン城の宝物館が凄すぎたので こちらでの感動は「ふ~~ん・・・・」で終わる^^;)
前菜の前にメインを食べてしまった感じ

ドレスデンに行こうと決めた時の一番の懸念は 食事
ドイツの食事は 私たちには合わないのである
ミュンヘンで懲りたのです  あの悪夢が再び・・・・!と覚悟して臨んだ最初の食事


Coselpalaisでランチをしました 日本語のメニューがあって少しホッとした
e0013046_11232476.jpg


ドレスデン風ミートローフ 


e0013046_11234317.jpg


ザウアーブラーテン ドイツの代表料理らしい

なんとなんと どちらも美味しい!!!
塩分きつめの ドカ盛料理がドイツ料理のイメージだったけど 食べられるじゃん!

どちらも美味しかったので 完食しました

e0013046_1132558.jpg


アイアーシュッケと言う ドレスデンの玉子ケーキ
二度と食べないと誓うオット(笑)


e0013046_11322677.jpg

私は無難に ザッハートルテ 想像では脳みそが溶けるような甘さのケーキだったのだけれど
こちらも美味しい!
多分 ドイツ人的にはかなり甘さ控えめなのだと思います

ここのお店は 陶磁器の部屋に座ると マイセンの食器でサーブしてくれるそうです

ちなみに この日の私たちは違う席に座ってます
お皿を見たらベルサーチのお皿でしたよ 派手だと思った







にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]
e0013046_15403671.jpg

ホテルの玄関を出ると 目の前に ドレスデン城 の裏側が見えます
この建物に沿って歩いていくと 入り口があって 「ここだね」と言いながら入るとチケット売り場が2ヶ所
入り口を挟んで左右にあるんです
「新・緑の丸天井」と呼ばれている 特別な展示室以外のお城の中をまわれるチケットを売っている
向かって左側のチケット売り場 だいたい空いてて あまり並ばない感じ

反対側の「歴史的な緑の丸天井」と呼ばれている 超豪華な宝物品が展示されている部屋へのチケット売り場の方は
入場制限をしているので 時間ごとに区切られていて 人数も決められているので
人気のある時間帯から 売り切れになるようでした 前売りもされているらしいです

私たちは時間があったので 適当な時間にチケット売り場へ行って 
その時に空いていた時間帯のチケットを買いました

このドレスデン城内の展示物 本当に本当に凄いの!素敵なの!素晴らしいの!
残念ながら 撮影禁止でしたが
「これ欲しいね~~!!」って思うお宝が たくさんありました
e0013046_16135785.jpg

展望台からの撮影はOKだったので 階段を昇ってゼーハーしていたけど 撮ってきました ^^;)
エルベ川
e0013046_16153646.jpg

ドームになっている所が チケット売り場

e0013046_16173019.jpg

ゼンパー・オーパーと呼ばれているザクセン州立歌劇場
今までヨーロッパの美術館で見てきたお宝の殆どが 宗教的な物が多かったのだけど
ここのお宝は 宗教的な感じは殆ど無くて とにかく王様やお姫様の贅沢の為に作られたお宝が多く
ため息が出ました 色々な意味で
私は 宗教的に集められたお宝は 嫌いなので こちらの贅沢品のお宝は本当に楽しかったです

いや~~~ 本当に凄かった

凄すぎて 疲れました ちょっと休憩
e0013046_16303846.jpg

ヨーロッパはどこも コーヒーが美味しいので嬉しいです
カフェで休憩しつつ 「凄いお宝だったね~~」と少し放心状態になりつつ
次の場所を地図で確認する オット       私はボォ~~とお宝の事を思う
e0013046_16343379.jpg

e0013046_1634876.jpg

「君主の行列」 102mの壁画 ドレスデンは戦争で 街の殆どが壊されてしまったけど
この壁画だけは 奇跡的に残ったそうです

壁画と言っても 絵が描かれたタイルが貼ってある マイセンのタイル2万5千枚だって
e0013046_16391442.jpg

壁に直接描かれた絵ではないので 歴史を感じさせないほど 綺麗に残ってます
マイセンが凄いのか?
タイルなら普通の事なのか?
よく分からないけど マイセンのタイルだと思うと お宝度が増す(笑)














にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

[PR]